ケトジェニックダイエット

ケトジェニックダイエットとは、糖質を制限する代わりに、良質なタンパク質と脂質を摂ることで “ 健康的に ”痩せられる食事法のことです。

生命活動に必要なカロリーの大半を脂肪から摂取することで、体を「ケトーシス状態」にすることが目的です。

ケトーシス状態とは?

ヒトは通常、炭水化物(糖質)をエネルギー源としていますが、脂肪を主なエネルギー源にする仕組みに切り替えた状態です。

なぜ、脂肪をエネルギー源にする仕組みに切り替えるのかというと、通常、ヒトがエネルギーとして使う優先順位は、以下のとおりです。

①糖質→②脂質→③タンパク質

体がエネルギー源として「糖」をメインに使いたいところを、使える糖質をなくしてしまうことで、脂質を使う(脂肪燃焼)ようになり、

“ 痩せる! ”というメカニズムを作るためです!

摂取のイメージとしては、

摂取カロリーのうち
脂肪から60~80%
たんぱく質から20~30%
炭水化物から5~10%

簡単に言うと、ごはんやパン、麺類などの炭水化物を控えて、油をしっかり摂っていく、という感じです。

「えっ?油をそんな摂ったら太るんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、炭水化物をカットすることで、体質が変わり、逆に脂肪が燃えやすくなるのです。

 

ざっくりとした1食の例
大皿に乗るくらいの野菜+片手に乗るくらいのたんぱく質+大さじ2~3杯の油

 

毎日摂るもの

エクストラバージンオリーブオイル
アマニ油
えごま油
MCTオイル
ココナッツオイル(加熱可)
グラスフェッドバター(加熱可)
ギー(加熱可)

のうち、どれでもいいです。

 

店舗別メニュー